スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産担保ローン

不動産を担保にしてキャッシングローンを組むと、ある程度のまとまった融資を受けることができます。
これを不動産担保ローンといいます。

担保にする不動産の価値によって金利や融資額などが決まってきます。
不動産の評価に関しては、その評価の満額を融資してもらえるわけではありません。
しかし、評価によってはかなり多額のローンも可能です。

金利は10パーセント程度から上は20パーセント程度まで設定してあり、通常の消費者金融ほどではありません。
ローンの期間も長めに設定してあります。

金利のほかに手数料やその他の諸費用がかかるので、その分もしっかり計画に入れておかなくてはいけません。
不動産を担保に取ると言うことは、もし返済ができなくなってしまったら、その不動産が売却されてしまうと言うことになります。
そういうリスクも頭に入れて、ローンを組むべきでしょう。
スポンサーサイト
おすすめ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。